堀り出し商品?マテリアルワールド・プロジェクトは大手通販サイト販売だから安心~!

それに比べて海外の各国は必要最低限なモノで、長く大事に使う、というのが写真だけでも分かります。この本が出版されたのは16年前くらいで!今とはまた状況も違うと思いますが!日本の家族での所有物の多さ!圧巻です。本の値段もとても安くてビックリです。

こ、これですっ♪

2017年06月20日 ランキング上位商品↑

マテリアルワールド・プロジェクト地球家族 世界30か国のふつうの暮らし [ マテリアルワールド・プロジェクト ]

詳しくはこちら b y 楽 天

2冊を比較したり、思った以上に興味深く読めました。いや〜、驚きです。でもこの量って一般家庭の平均的な数なんでしょうね。「この人たち!みんな自分と同じ地球に住んでて!こんなに違って!それなのに同じで!なんだか不思議だなぁ」としみじみしました。3年も外出せず引きこもっていたボスニアの女性を!写真撮影に応じるように説得したという著者の説得交渉の手腕がどのようなものなのか!そんなことも気になりました。掲載されている写真は10年以上前のものなので!その当時の社会情勢などを思い出しながら!振り返ってみることができ!新しい視点を得ることができます。。一年ほど前から断捨離を実行していて、かれこれゴミ袋50袋くらいは処分したのではないでしょうか。読み応えも見ごたえもある本でした。友達が家に遊びにくるたびに一緒に見ていますが、人それぞれの見方、感じ方があっておもしろいですよ。 中身は写真が多くの面積を占め!写真集としても楽しめます。時間をかけてじっくり読みたいと思います。世界30カ国の平均的な家族の家具!持ち物とその家族の写真。インドを見てびっくり。お子さんがいらっしゃる家庭にもおすすめです。 十年以上前の写真なのが残念ですが!写真はきれいです。誰かと一緒に見るのがお勧めの本。 フルカラーでこの大きさ!この内容量で!この値段はかなりお買い得だと思います。発売当初から欲しいとは思っていたのですが、今回「地球の食卓」と一緒に購入しました。 家財道具を家の外に運び出して撮った家族写真は、各国の暮らしぶりの違いがよくわかります。かなり前に何かのテレビ番組でこういう写真集があることは知っていたのですが!やっと自分の手にして!あらためてビジュアルの力!説得力のすごさを実感します。子供のために何度か図書館で借りていましたが、結局購入。各国の中流家庭(と思われる)1家族の!家持ち物一式を並べて写してある貴重な記録です。折々に見て、読んで、世界のことをいろいろ考えたいと思います。この本を教訓に!さらにモノを減らし!今あるものを大事にしていこうと思っています。社会を知るのにちょっと面白い本です。しかも全く統一性がなく見苦しいくらい。この本の存在をたまたま知り、興味深く読んでみました。今でもまだまだ実践中です。 巻末には、各国のさまざまなデータが載っており、大変勉強になります。